誰でもシンプルに!会計ソフトでの給与管理

会計ソフトを導入して費用を減らしましょう

会社を運営する中で毎月必要なタスクの1つが社員の給与計算です。これは、社員が多くいる会社ほど時間も手間もかかります。特に一円でもミスをすることは許されませんし、必ず給与支払い日までに完了させる必要があります。また、健康保険、厚生年金や社会保険税などの法令や料率は毎年変動するため、これを毎月手計算で数字を扱うことは非常に大変な作業となります。この作業を会計事務所に委託している会社もありますが、その費用が毎月10万円だとしても毎月、毎年支払えば高額になります。
そこで、費用と手間を抑えるために、会計ソフトを導入するという方法があります。これを用いれば、最低月二千円程度からの利用ができます。使用する人数に応じて金額が変わります。

会計ソフトの特徴とメリット

会計ソフトの特徴をまとめます。まず、基本的に最新の税率に合わせて給与計算を行います。そのため、法令や料率が変更になる度に最新のものにアップデートされます。そして所得税や雇用保険料の自動計算や、マイナンバーに対応しているものもあります。また、毎月の給与計算のみではなく、年末調整にも対応しているソフトも販売されています。またソフトによっては、追加料金を支払うことで社労士のサポートを受けられる場合があります。
ソフトは、パッケージのタイプのもの、クラウドタイプのものが選べます。クラウドタイプのメリットとしては、インターネットがあればどこからでも利用が可能であること、データの保存先がクラウドであるためデータの紛失や盗難がないということが挙げられます。

給与計算ソフトとは、社員に支払う給料の金額を社会保険料の控除額なども含めて算出し、給与支払事務を自動化するツールです。

© Copyright Everyone Simple Payroll. All Rights Reserved.